Leeの名作 101J

Leeの名作 101J

〜Leeの名作 101J〜

 

ずっと501XXBLOG

書いてきましたが

今日はリーバイスと並ぶ

アメリカの3大デニムブランドの1つ

 

 

 Lee101Jを掘り下げたいと思います。

 

 

 1931年にウエスタンスタイルの

COWBOYという名前で登場します。

COWBOYのタグには101Jの文字が

入らない為COWBOY

呼ばれる事が多いです。

 

 

リーバイスの506XXと同じように

ワンポケットスタイルだったものが

40年代にはツーポケットスタイルになり

タグに101Jの表記が入るのは

49年〜50年代前半になります。

 

 

49年〜50年代前半のタグ

Lee 101J

 

 

70年代のこのタグ以降

101Jの表記はなくなります。

 

 

MR表記の四角黒タグ

Lee 101J

 

 

さてツーポケットスタイルの101Jとは…

 

 

50s 赤タグ101J(過去の私物)

Lee 101J

 

 

Lee 101J

 

 

Lee 101J

 

 

Lee 101J

 

 

 

うっすら101Jの文字が見えますが

101Jの『J』とは

なんの略だと思いますか?

 

 

JECKETではありません。

JELTDENIMJになります。

 

 

JELTDENIMとは

Lee1925年に採用した

ワークウエアー用のデニムの事で

生地が柔らかく動きやすい特徴があり、

織密度を工夫しており強度も高い。

機能性、耐久性が必要なワークウエアーに

必要なポイントが詰まったデニム生地。

 

 

JELTDENIMを使用している101Jですが

40年代にツーポケットスタイルに

なってから現在出ている復刻まで

形に変わりがありません

 

 

それほど101Jはデザインとしての

完成度が高いジャケットになります。

 

 

これは噂での話になりますが

LEVI'S 557XX(3rd)はこの101J

真似て作られたのでは??と

言われております。

理由としては簡単で

557XX101Jは作りが似ているからです。

 

 

50s  Lee 101J

60s LEVI'S 557XX

Lee 101J

 

 

60s LEVI'S 557XX

 

Lee 101-Jは、非常に完成度の高いデザインと

細部に手間をかけたジャケットになります。

生産効率は落ちても実用性、機能性、品質面で

妥協していないこだわった仕様で

今でも愛されているジャケットになります。

 

って言う感じで

101Jに関してはコレで終わりにします。

 

 

JELADOはヴィンテージを元に生産しているブランドで

デニムも取り扱っております。

 

50年代のXX生地を解析する為に

50年代のデッドストック503BXXにハサミを入れ

それを科学解析しXX生地に限りなく近い

オリジナルの生地 LAST RESORTデニムを1から作りました。

 

このデニム生地を使った商品を紹介いたします。

 

JELADO Age of Longing 301XX【JP94301】

JELADO Universal Slim 312ZXX【JP94312】

JELADO 55Denim(55デニム) 313XX【JP94313】

 

そして10月上旬にデニム…

10月下旬に販売しましたLAST RESORT 黒タグシリーズ

 

JELADO Age of Longing Black tag 301EXX【JP94301E】

JELADO Age of Longing Black Tag 407EXX Size34(XS)~38(M)【JP94407E】

JELADO Age of Longing Black Tag 407EXX Size40(L)~44(XXL)【JP94407ED】

JELADO Age of Longing Black Tag 407EXX Big Size(50)【JP94407EDD】

是非店頭にてご試着くださいませ!! 

 

 

 

 

 

ブログに戻る

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。