続々と予約がスタート致します!/FlagshipStore

続々と予約がスタート致します!/FlagshipStore

 こんばんは!

本日もご来店誠にありがとうございました。

明日より続々と予約スタートするアイテム多数ございますのでお見逃しなく!!

301XX
312XX
313XX
406XX
41Khaki
301EXX←新作
407EXX←新作

T2Monkeys Sportif小量再入荷!

本日は301E&407Eに使用される生地(Last Resort Black Tag)について触れて参りましょう。


~LASTRESORT BLACK TAG~

生地の説明文

今から 2 年前、 JELADO を立ち上げて 15 年を機に、社運をかけて LAST RESORT DENIM を生み出しました。
当時の DEAD STOCK を解体し、某分析機関で綿の繊維長の長さ、糸の太さや撚り回数、生地の打ち込み本数に至るまで、近い年代の2本の DEAD STOCKのデータから
その数値に合わせた原綿から選定し、糸をつくり同じ打ち込み本数を50年代の織機で織り上げた至高のデニムとなります。
このデニムを作ることにより当時のXXデニムの特性、糸の質や生地感など今のデニムとの相違点など深く理解ができました。
その中でXXを再現するというミッションの中であえて触れてこなかった明確な行程を話すとしたら“色味”です。
ヴィンテージのような色味を出すところと紡績技術も今よりも発展しない、糸の質も今よりも悪い条件の中で織り上げられたデニムの風合いや色目を再現すべく作り上げたのが今回の LAST RESORT 黒タグとなります。
経糸緯糸白タグと同じ原綿を使用し(経 EMOT 緯カリフォルニアピマ )糸を作り上げましたが、経糸には糸のネップが飛びやすいよう細工をしてよりムラを強く出しました。
ムラを強く入れることにより、縦の色落ちを長く走らせることができます。
ターゲットにしたヴィンテージを見ると緯糸の色のくすみが目立つものでした。
当時の綿の色味が白というより黄ばんだ生成りのようにも見えました。
この色の深みも合わせて糸をつくりあげてから染色し生地を織りあげることにしました。
染色でも今回は工場を変えることで白タグとは全く違う色目になっております。
染色する工場によりロープの高さや、染をする工程なども違うので色の出方も変わります。
今回の染色では精錬(セイレン)という染める前に繊維に含まれる脂肪質や不純物、加工剤、汚れなどを取り除き、繊維の品質を高める処理のことを言いますがこの工程を抜くことにより、当時の色味や生地の粗さを表現しました。
そしてこの工程の違いから 白タグは 14OZ 黒タグ 15OZ と生地の重みも変わったものになりました。
そして染色もあえて深く8回染めることにより、撚り濃いディープな青みの出たデニムに仕上がりました。
このデニムの色の深みとムラのきついワイルドなデニムをよりヘリテージな風合いを求めたモデルとして “LASTRESORT DENIM 黒タグ”として使用することにしました。
今後このデニムを使用するものは40年代以前のモデルのデニムウェアを仕立てるものとなります。
よりワイルドな見栄えと生地のタッチとなりますが、着用2日もすると白タグのような柔らかな穿き心地が前に出てストレスなくスルッとすべる滑らかな着心地に変貌します。

簡単にまとめると
使用した綿は白タグ(通常のLast Resort)と同じだが、糸のセイレン工程と染に違いが有り色落ちに違いが生まれるという事です。
正し履き心地は従来の良さを損なっておりません!
 
9/1より秋冬コレクションのアイテムも続々とWEBにUpしていきますのでお見逃しなく!

 

熊崎




~今週のYoutube~

 

 

 

 
先日公開されたブラアニキ!
是非ご覧ください!
 

 

  
↓↓↓
東野デニム


みなみかわ 
ブログに戻る

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。