インシーム・アウトシーム&綾織について

インシーム・アウトシーム&綾織について

かなり期間が空いてしまい

申し訳ございません。

 

今回のVintage Blogは

基本的なお話になりますが

JELADOのデニムにも関係のある

お話をさせて頂きます。

 

デニムだけではなく

それはチノパンにもそれ以外のパンツに

言えるのですが

 

インシーム・アウトシームの話を

まずさせて下さい。

 

インシームとはパンツの

『内側の縫い目』の事を示します。

 

(30's FOREMOSTのインシーム)

 

そしてアウトシームはその逆で

『外側の縫い目』の事を表します。

 

(30's FOREMOSTのアウトシーム)

 

JELADOのデニムにもいえますが

生地の端がほつれたりしないように

ほつれ止めを施されたデニムを

セルビッジデニム(耳付きデニム)といいます。

 

セルビッジ(耳)の部分に

赤いラインが入るものを赤耳(LEVI'S)

青いラインだと青耳(Lee)といい

これらはアウトシーム側に付きます。

 

(下の画像はLAST RESORT 301XX)

 

そしてデニムは綾織という織り方で

生地が作られております。

生地をよく見ると斜めに斜線が入るのは

分かりますか??

 

(60S LEVI'S 502)

 

 

 

 

2枚目のポケットの縁なんか

分かりやすいと思います。

 

JELADOのデニムはリーバイスの

XX生地を再現した

織り方になりますので右綾になります。

 

という事はWASHをかけた際には

縮みが入るので左足のアウトシームはなんと

正面の方に向かって捻れます。

 

 

 

着用サンプル(着用2年)と商品を比べてもアウトシームが

捻れているのが分かるかと思います。

実際に正面から見ると分かりやすいかと。

 

 

 

そしてシュウさんが

育成中の301EXXもこんな感じに…

 

 

 

 

 

白色でアウトシームをなぞりましたが

こんな感じにねじれます。

 

これはVintageデニムの1つのポイントであり

LAST RESORTデニムにもコレは言えます。

 

皆様もデニムをWASHする時は

そういう部分も楽しんで頂ければと思います。

 

 

JELADOはヴィンテージを元に生産しているブランドで

デニムも取り扱っております。

 

50年代のXX生地を解析する為に

当時のデッドストックのデニムにハサミを入れ

それを科学解析しXXの生地に限りなく近い

オリジナルの生地 LAST RESORTデニムを1から作りました。 

 

※こちらの詳しい詳細はYoutubeへ

エピソード1

エピソード2

エピソード3

 

このデニム生地を使った商品を紹介いたします。

 

JELADO Age of Longing 301XX【JP94301】

JELADO Universal Slim 312ZXX【JP94312】

JELADO 55Denim(55デニム) 313XX【JP94313】

 

そして10月上旬にデニム…

10月下旬に販売しましたLAST RESORT 黒タグシリーズ

 

JELADO Age of Longing Black tag 301EXX【JP94301E】

JELADO Age of Longing Black Tag 407EXX Size34(XS)~38(M)【JP94407E】

JELADO Age of Longing Black Tag 407EXX Size40(L)~44(XXL)【JP94407ED】

JELADO Age of Longing Black Tag 407EXX Big Size(50)【JP94407EDD】

是非店頭にてご試着くださいませ!! 

 

 

 

もう1つ…

JELADOのオンラインにてJELADO的 解釈ですが

VINTAGE JEANS用語辞典となるものを開設いたしましたので

是非ご覧くださいませ!!

こちらからページに移動できますので是非見てください!!

ブログに戻る

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。