コンテンツに進む
商品情報にスキップ
1 14

JELADO

The 2 Monkeys Sportif(スポルティフ)Black Calf【TM72924】

通常価格 ¥110,000 JPY
通常価格 セール価格 ¥110,000 JPY
セール 売り切れ
税込み。 配送料はチェックアウト時に計算されます。
Size

フレンチビンテージテイストのモカシン型ブーツ “Sportif”

(English follows / ページ最下部から動画もご覧いただけます)

The 2 Monkeys のブーツ Sportif(スポルティフ)は、1920〜30年頃のフランスで、ハンティングやアウトドア活動で履かれたブーツをイメージしてデザインされたブーツです。とはいっても、実在する古いブーツを復刻したものではありません。当時、主にヨーロッパのブーツが持っていた様式を用いながら、同時期にアメリカで広まったモカシン型のつま先(*)デザインを取り入れたブーツなのです。

レザーは柔らかに足に馴染むフレンチカーフ。ブラックに丘染めされた革で、履くにつれて浮き出る茶芯が経年変化を際立たせます。

底周りには特に時代のテイストが盛り込まれています。踏みつけ部分をグッドイヤーウエルト製法、ウエストからヒールをマッケイ製法とすることで、ウエストを大きく絞り込んでベベル(**)したスペードソールのスタイルを再現しているのです。ソールを底から見ると、このウエストの絞り込み具合が良くわかります。

カカトの上下はS字のシェイプを描いています。柔らかな革が木型の形をしっかり再現し、小さめのヒールに付けられたピッチ(***)がそのカーブを際立たせています。曲線が靴の前後左右に組み合わせられ、ヨーロッパの伝統的な美意識に通ずる、優美なスタイルとなっています。

つま先には、馴染みの良い薄い革の先芯を入れています。履き込むにつれてつま先が平たく沈む経年変化が楽しめ、つま先まで革が馴染みます。

ソールの踏み付け部には3mm厚のラバーシートを張ってあります。ヒールのトップリフトはラバー製の10mmのものです。これらの接地面のラバーは、路面をしっかりグリップし滑りを防ぎ、ソールの擦り減りを軽減します。

履き心地は、あくまでも軽快で柔らか。レザーの特性や独自の製法に加え、反りの良いソール(シングルレザーソール)の組み合わせによるものです。ワークブーツに慣れた方に履いていただくと、軽さと、足を入れた瞬間から感じる馴染みの良さに驚いていただけるはずです。

ウィズにしてE相当のスポルティフの木型は、標準的な形の足にややゆったりフィットする設計ですが、細めの足の方でも靴紐を強めに締めて足にしっかりフィットさせることができます。革の柔らかさのおかげです。甲高幅広の足を持つ方は足長に比べてやや大きめのサイズを選んでいただいても、フィット感を大きく損なうことはありません。土踏まず部分でソール幅を絞り込んでいるため、足が柔らかな革に乗ることのメリットです。

優美なスタイルやエイジングの楽しさだけでなく、履き心地においても1920〜30年の革靴が持っていた良さを取り入れたのです。(****)

19世紀末〜20世紀初頭、少なくない数のヨーロッパの靴の作り手が、量産の仕組みを学びにアメリカに渡りました。長い伝統を持つヨーロッパと、移民や経済発展による人口の急拡大に対応して、いち早く量産体制を整えたアメリカとが、靴づくりにおいても影響し合い、高め合ったのがこの時代です。

The 2 Monkeys のブーツ、スポルティフは、そんな時代のヨーロッパとアメリカに共通するブーツの在り方に倣った、アメリカンなスタイルにも、ヨーロピアンなテイストにも合う、たぐい稀なブーツです。


[脚注]

(*) モカシン型のつま先

モカシンとフランスには歴史的な縁があります。アメリカ合衆国が独立したばかりの18世紀後半、現在のアメリカ中西部はフランス領でした。北はミネソタ州から南はルイジアナ州まで、西はモンタナ、ワイオミング、コロラド州をまたがる内陸部の広大なエリアです。少なくない数のフランス人が、毛皮猟、貿易、そして宣教のためにここで活動しました。しかし、当時この地域は未開の地であり、先住民(アメリカンインディアン)の協力なしには足を踏み入れることはで不可能でした。フランス人達は、先住民と交流し、物々交換などをしながら生活をし、フランスから履いてきた靴をインディアンモカシンに履き替えたと言います。当時、フランス人は、モカシンを最も多く履いた白人だったかもしれません。このような歴史があるからか、今日でもフランスを代表する革靴メーカーが、その代表的モデルにモカシン縫いのつま先を採用しています。フランスとモカシンタイプの靴デザインには親和性があると言えます。

(**) ベベル

ウエスト部分の絞りを強調するために、グッドイヤー製法で底付けされたソールのウエスト部分のアウトステッチにウエルトとの革をかぶせて覆うことを「ベベル」と呼びます。現在でも時折、ビスポーク靴などに使われる手法です。スポルティフではこの「ベベルドウエスト」風のスタイルを、靴の後半分をマッケイ製法とする事で表現しています。

(***) ピッチを付けたヒール

ソールから設置面にかけて直線的にテーパーを加えたデザインのヒールです。当時のヨーロッパの靴に良く見られるディテールです。

(****) 履き心地において1920〜30年の革靴が持っていた良さ

1920〜30年代には、カンガルー革、山羊革(キッド)などの「柔らかな革の靴」が沢山ありました。その後の時代、スニーカーが普及するにつれて、革靴はビジネスに求められる形式美や、ワークやアウトドアで求められる頑丈さに特化し、その反面、柔らなものは減ってしまったようです。かつての柔らかな革の靴が持っていた快適な履き心地を持たせたスポルティフは、時代の中で失われた革靴のもう一つの良さを体感していただける靴となっています。



Sportif の主要ディテール
軽く反りの良いシングルレザーソール。丸コバ仕様のウエスト部分が踏み付け部分との抑揚を強調している。軽くピッチを付けたヒールと併せて、20世紀前半のスタイルを表現しています。このソールとカーフレザー、また製法の組み合わせもあり、驚くほど軽いブーツとなっています。
大きく絞り込まれたウエストが時代の雰囲気を醸し出している。シングルレザーにマッケイ製法でアッパーを縫い付けてあるため、土踏まずへの当たりも、ブーツそのものの履き心地もとても柔らかです。
1920〜30年頃のアメリカのモ
カシン型ブーツはラウンドトゥのバンプにステッチをかけた「 飾り モ カ 」 が 主で し たが、”Sportif”ではサイドと上部の二枚の革を縫い合わせるモカシンを採用。薄い革の先芯を入れたつま先は履くことで馴染んで沈みます。

素材:フレンチカーフ(DuPuy社製)
US6 (24cm) 〜 US10.0 (28cm) 全 9 サイズ
グッドイヤーウエルト製法(踏みつけ部)+ マッケイ製法(ウエスト〜ヒール)レザー(ノンスリップラバー付き)

The 2 Monkeys boot, the Sportif, is designed with the idea of 1920's- 1930's French Hunting and Outdoor boots in mind. This is not, however, a like for like reproduction.

Whilst packed with lots of details found in Vintage French Workboots, the moccasin toe design is borrowed from American designs of the same time, this shape is also connected historically to France. We opted for a French calf leather that is comfortable right away. Dyed with a layer of black dye on the outside and a brown tea core, that will age and show through with wear.

The front part of the sole is Goodyear welted to the boot, whilst the heel is attached with the McKay/ Blake method. The style of sole pad, slimmer shank and bevel is authentically reproduced from pair of the time as is the combination of slightly curled up toe and pitched heel. Although a sturdy work boot, the Sportif is surprisingly light due to the single leather sole. Reminiscent of Native American handcrafts, the moccasin toe stitching is sewn by hand.

From the end of the 19th century, many European workers and makers travelled to the US to learn the process of mass producing shoes.

 In the latter half of the 18th century, when the United States became independent, the Midwestern United States was settled in by the remaining French. From Minnesota to the North, to Louisiana in the South, the vast inland area spanned Montana, Wyoming and Colorado to the West. There were only a few French settlers to remain active in the Hunting and Trade industries and these undeveloped spans of land were difficult to navigate, it is said that they cooperated with Native American peoples. Through their interactions and bartering of goods such as the French styles of shoes they wore for Native American Moccasins, perhaps this is why French shoe makers have such an affinity for the Moccasin style. Even to this day, the most popular French made shoe brands produce Moccasin style shoes and boots. 

Details of the Sportif:

 A lightweight sole with an arched instep. The slim waist emphasises the rounder front toe shape. The lightly pitched heels represent styles of the first half of the 20th Century. The combination of this sole, calf leather and the manufacturing method makes the boot surprisingly light.

 The bevel, which is greatly slimmed down, gives the boots an atmosphere of the time. The upper is sewn on a single leather sole using the McKay method, so it feels very soft against the arch of the foot.

 American moccasin boots around the 20’s and 30’s were mainly "decorative moccasins" with the round toe bumps stitched, but our Sportif Boot is made the traditional way, with two bits of leather for the side and top of the boot.

 
サイズ選びの参考にご視聴ください。


Measurements

サイズについて

■ サイズの測り方 ■

商品の各所の実寸は以下の通りに測っています。
サイズが分からない場合、お持ちのアイテムを実際に測っていただき、
各商品ページに記載の実寸と比べてみて下さい。
※商品の形状によってサイズの測り方に差がある場合がありますのであらかじめご了承ください。

店舗とも在庫を共有しております。タイムラグ等で商品をご用意できない場合もございます。予めご了承ください。

Shipping & Returns

交換をご希望の場合は商品到着後3日以内にメールまたはTELにてご連絡ください。
その際商品が未使用であること、タグ、下げ札などの付属品が完全にそろっている事が交換可能な条件になります。
商品の交換の返送料はお客様負担となります。
万一発送中の破損、不良品、あるいはご注文と違う商品が届いた場合は、返送料はこちらが負担いたします。
ご注文間違い、思っていたイメージと違うなどの、お客様のご都合によるご返品(クーリングオフ)は、通信販売では、お受け出来ませんので、予めご注意下さい。
洗いの掛かっている商品、加工の施されている商品に感しましては、1つ1つ縮みや加工の強さが異なり、記載されている寸法と多少誤差が生じる場合がございますので、予めご注意下さい。
また、お客様ご依頼によるお取り寄せ商品に付きましては、不良品、破損以外の返品はお受けできませんので、予めご了承下さい。
更に、ご予約頂いた商品の内金に関しましては、お客様の都合(残金の支払い不可、お客様の都合によるキャンセル)の場合、ご返金の方致しかねますので、予めご注意ください。

配送日時指定について

配送日時の指定については商品をカートに追加した後、カートページにて日時指定ができます。「今すぐ購入」から「チェックアウト画面」に直接遷移されますと指定が出来ませんのでご注意ください。

裾上げについて

JELADOでは裾上げを無料で承っております。裾上げご希望の場合、該当のボトム商品と裾上げ商品(0円)を一緒にカートに入れて決済してください。

裾上げ商品はこちら

ギフト包装について

JELADOではギフト包装を無料で承っております。ギフト包装ご希望の場合、ギフト包装(0円)をご購入商品と一緒にカートに入れて決済を行ってください。

ギフト包装はこちら